キチン・キトサンはどんな成分?

aobakari_s

キトサンはキチンを加工してできたものですが、その元になっているのはエビ・カニなどの甲殻類の殻や、キノコに含まれている不溶性食物繊維です。酸やアルカリを用いて処理されたキトサンは100%にすることができませんので、サプリメントの記載には大抵キチン・キトサンと書かれています。

キトサンはダイエット効果があることで有名ですが、なぜ痩せるのかというと食物繊維の働きにより腸の調子を整えたりコレステロールの吸収を抑えることができるためです。摂取するタイミングは、胃腸の中で他のものと一緒になることにより効果を発揮する類のものですので食事と一緒に、あるいは食後に摂ることが効果的です。正しいタイミングで摂取するとキトサンが体内に入った脂肪を吸着し、排出させることができます。それまで溜め込まれていた分が排出されるようになると、効率良くダイエットを行うことができるようになります。

このようにダイエットに効果的なキトサンですが、摂り過ぎるとお腹が緩くなってしまいますので注意が必要です。この働きは他の食物繊維と同様であり、上手く活用すれば便秘解消に効果がある反面、摂り過ぎると悪影響が現れます。

また、エビやカニを使用している商品においては、甲殻類アレルギーも心配されます。甲殻類アレルギーを持っている人は、安全に使用するためにキノコが元になっている商品を利用しなければなりません。

その他、薬との相性についても覚えておかなければなりません。抗てんかん薬であるバルプロ酸ナトリウムを服用している場合には、その働きを弱めてしまいますので注意が必要です。逆に、血液を固めないようにするワルファリンと一緒に利用すると、その作用を強めてしまう恐れがあります。薬との相性においては慎重に考えなければなりませんので、常用している薬がある場合には事前にしっかりと確認しておくことが大切です。正しく利用すれば、健康的なダイエットが行えます。

キャビテーションのダイエット効果も注目されています。こちらは外側からのアプローチということになりますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>