疲労回復に効果があるクエン酸

ossorra_s

クエン酸はレモンやグレープフルーツなどのかんきつ類や梅干しに含まれている酸味の成分で、疲労回復に効果があると言われています。クエン酸回路と言われているエネルギーを生成するための回路で、体内に摂りいれられた食べ物はブドウ糖になり、酵素やビタミンなどの働きでエネルギーへと変換されるのですが、その中でクエン酸が使われています。クエン酸が不足しているとこの回路が上手く働かないため、エネルギーが上手く生成できなくなり疲労物質の乳酸が身体の中に溜まってしまいます。しっかりとクエン酸が体内にあることで、乳酸の分解を促進しながら乳酸が身体の中に溜まって疲労が蓄積されていくことが防げるのです。また、疲労回復効果としては、血液をさらさらにしてくれる効果もあります。血液がさらさらになれば老廃物はスムーズに体外に排出されやすくなったり、冷え性の改善、ダイエット効果、血液がさらさらになれば高血圧による動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防効果も期待できます。他にもクエン酸には痛風の原因となる尿酸値をさげてくれる効果があります。ミネラルが体内に吸収されるのを促進する効果もあり、その働きによってガンの予防効果やアンチエイジング効果、美肌効果があるとも言われています。疲労回復や美肌だけではなく、病気の予防の効果も期待できます。

クエン酸は消費されてしまうもののため、毎日摂取するようにしましょう。1日の中でも数回に分けて摂取することでクエン酸回路がスムーズに働くようになったり、スポーツを行った後に摂取することで疲労回復効果が期待できます。またビタミンB群と一緒に摂取すると、エネルギー生産の効率が上がります。1日の摂取量は2g、スポーツをする人は5gの摂取を目安にします。摂取の際には過剰摂取による副作用が気になりますが、もともとレモンなどの柑橘類や梅干しなどの食品に含まれているもののため、過剰摂取による副作用はないと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>