米ぬかを捨てるのはもったいない

nagahozue

米ぬかは、お米を精米する時に出来るものですが、捨ててしまうのはもったいないほど利用方法があります。

まず、暮らしのなかで洗剤として使えるので、食器洗い洗剤の代用が出来ます。
そのままスポンジにつけて食器を洗うと、油汚れでも落ちるので驚く方もいるほどです。
また、拭き掃除にも使えます。
布袋に入れた米ぬかで、フローリングや板製の部分を乾拭きをするだけで、ピカピカに輝きを出すことが出来ます。
そして、暮らしの中では色々な臭いが発生するものですが、消臭剤としても使えます。

米ぬかを煎って置いておくことで、嫌な臭いを撃退してくれます。
米から出来たものですので、冷蔵庫にも安心して置けます。
靴箱、生ごみなどにも最適です。
さらに、肥料としても活躍します。
落葉や雑草と混ぜて土に埋めてから、しばらく日数が経過すれば、家庭菜園の肥料として使えます。

次に、スキンケアの分野でも有効利用が出来るので紹介します。
湯船に米ぬかを布袋に入れて入れておくと、ツルツルとした肌になれます。
また、お湯で溶いて、身体を洗う時に使えば、ボディーソープとして使えます。
もちろん、身体の汚れも落とせますし、それだけではなく、潤いを感じられるので肌がツルツルになります。
そのため、洗顔にも安心して使えます。
大さじ1程度の米ぬかをガーゼに包んで口を縛っておきます。
ぬるま湯で、揉みながら洗顔すると、しっとりと保湿感のある肌になります。

さらに、米ぬかは一説によれば、お米そのものよりも栄養価が高いと言われているので、普段の食事の中で少量ずつ摂りいれることで、知らないうちに必要な成分の摂取が出来るというメリットもあります。
たとえば、お味噌汁、シチューやカレー、卵焼きなどに入れることが出来ます。

これだけではなく、もっといろいろな米ぬかの利用方法がありますので、捨ててしまわずに暮らしの中で積極的に取りいれてみましょう。
健康づくりにも役立つ優れものですので、お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>